結婚式のドレス選びはここに注意しましょう

結婚式のドレス選びと言えば、多くの女性が頭を悩ませる問題になります。と言うのも披露宴などには暗黙の了解とされる様々なルールが存在していますので、それをキチンと理解できていないと思わぬ問題に巻き込まれてしまう可能性がある事がその理由になります。しかし、その様な暗黙のルールも大きく分けると2種類になります。そのためそれほど難しいものでもありませんし、押さえておくべきポイントを単純な物になります。また最近ではレンタル衣装で済ませる方が多いのですが、その場合でもレンタル先のスタッフのアドバイスを参考にする事で余計なトラブルを回避できるようになります。ただし自分が着用したい物を選ぶ事も重要になりますので、その辺りの折り合いのつけ方も肝心になります。

年齢に応じたデザインの選び方とは

基本的に結婚式に招待された際のドレスは自分の年齢に応じて選ぶことが重要とされています。例えば40代の女性がミニスカートなどを着用する事はあまり良いとは言えませんし、逆に若い方が地味な印象を与えてしまう事も良いとはされていません。そのため10代20代の若い方はやや露出の多い華やかな服装が良いと言えますし、30代40代の女性の場合は落ち着いた雰囲気を演出する事が良いとされています。ただし、これは通常の式での話になります。最近では夕方から夜にかけて夜会のような形で式を挙げる方がいらっしゃいますので、その場合には露出の多い格好の方がマナー的にも正しいとされています。しかし、あまりにも露出が多いと他の出席者などに迷惑をかけてしまう可能性がありますので節度を守る事が重要になります。

素材や色を選ぶ際のポイントとは

一般的に結婚式に招待された時には白いドレスは着用してはならないとされています。これは花嫁だけに許された色になりますので、他の女性が着用する事はタブー視されています。しかし、白だけではなく白っぽく見える色も避けた方が良いとされています。例えば淡いピンクやクリーム色なども光の加減によっては白く見えてしまいますので、避ける事が無難な選択になります。また、披露宴の主役は新郎新婦になりますので、それよりも目立ってしまう事は良くありません。そのため、光沢素材などは避けるべき素材になります。また、同じ様な理由で光を反射しやすいラメやスパンコールなども相応しくないとされています。したがってできる限りシンプルな素材を選び、白に近い色は避ける事が賢明な選択になるとされています。

スタイルアップも叶う、大人かっこいいパンツドレスも揃っています。 1枚でコーデ完成!最旬のワンピースでトレンド感も手に入れられます。 送料は、全国一律540円。なお、沖縄・離島は除きます。 レディシルエットを基本に、エレガンスをコンセプトとしたデザインに仕上げています。 お悩みの方に嬉しい詳しいサイズガイドもご用意。採寸方法をご案内しています。 ドレスで素敵な結婚式へ