気になる結婚式のドレス選びのポイント

友人や親族の結婚式に出席する際に女性が悩む事と言えば、着用するドレスになります。特に最近では、デザインはもとより素材や色などの種類が豊富にありますので、非常に選びにくくなっています。しかし、最も一般的なのはシンプルなワンピースだとされています。ただこの場合にも押さえるべきポイントが存在していますので、それをしっかりと把握しておかないと余計なトラブルに巻き込まれてしまう可能性が出てきます。また、基本的に披露宴などには服装や小物などに様々な暗黙のルールがあります。それを破ってしまうと自分自身だけではなく、他の出席者や新郎新婦にまで迷惑をかけてしまう事があります。なので、このような時に着用する服装には細心の注意を払う必要があるとされています。

デザインや素材選びでの注意点について

まず最も大きなポイントになるのがドレスのデザインになります。これは結婚式に相応しい格好をする必要がありますが、自分の年齢に合わせる事も重要なポイントになっています。例えば比較的高い年齢の方が露出の多い物を着用する事は避けた方が良いとされていますし、逆に若い方が地味な格好をする事もひかえた方が良いとされています。また、光沢のある素材も避けた方が無難な選択になるとされています。これは光が反射しやすい事も理由になりますが、それ以上に目立ってしまう事が問題になります。基本的に披露宴においては新郎新婦が主役になりますので、それよりも目立ってしまう事はタブーとされています。したがって、光沢素材は避けできる限りシンプルな素材を選ぶことが重要になると言えます。

洋服の色や小物の注意点などについて

次に洋服の色についてですが、絶対に着用してはいけない色は白になります。基本的に結婚式で白のドレスなどを着用できるのは新郎新婦だけになりますので、参列者や招待客などは違う色を選ぶ必要があります。また黒も避けるべき色になりますので、赤や黄色、緑や青などが多く選ばれています。なお薄いピンクやクリーム色も光の加減では白く見えてしまいますので、できれば避けた方が良いとされています。なお、緑や青の場合は比較的地味な印象を与えやすいので小物に光物を使う方がいらっしゃいます。しかしこれは度が過ぎると目立ちすぎてしまいますので、ワンポイントに留めるなどの工夫が必要になります。さらに毛皮なども縁起が悪いとされていますので、フェイクファーなどでも着用はひかえた方が良いと言えます。